NPO法人若葉まるまる部について

代表理事ご挨拶

NPO法人若葉まるまる部代表理事の留守です。

若葉まるまる部はボランティア団体です。
『こどもが自ら考え行動する力を育む』ことを支援できるよう、ゲーミフィケーションやイベントを通じてこどもと関わっていくために立ち上げました。

こどもたちが主体的に『〇〇したいをかたちにしよう』と思考できるコミュニティ作りをしたい。
こどもたちが主体的に活動し、そしてその失敗を大人が見守ることができるような環境を作りたい。

そんな想いを持ってこどもと寄り添ってくれる人を増やしたいと考えています。

よかったら、わたしたちと一緒に活動してみませんか?

設立趣意

「地域で○○したい」という人々が主体的に持続可能な活動を行えるよう、事業性をもって取り組んでいける場やコミュニティーとなることを目的とする。

若葉○○部の「○○」の中に、自分が「○○したい」と思うことを活動として発足し、
①いつでも作れる
②誰でも作れる
③いつでも辞められる
という活動の中で継続的に事業性を持って活動していきたいという人にNPO法人として動けるよう、プラットホームとして設立。

子どもが「自ら考え行動できる力を育む」ことを目的とするプログラミング教室をはじめ、今後も活動の幅を広げていきたい。

こんな活動をしています


こども向けプログラミング道場

若葉区みつわ台にある【IOOみつわ台学習教室】にて毎月第2日曜10:00〜13:00の時間帯でScratchというこども向けプログラミング言語を使ってみんなで作品を作ったりしています。
参加費は無料(募金による運用)となっております。

CoderDojo若葉みつわ台としての活動はもちろんのこと、千葉県内の10道場と協働し、参加費無料のCoderDojoと呼ばれるボランティアによるプログラミング道場を行っております。
みなさまの募金によって運営をしております。

非営利地域協働事業

<こども向けボードゲーム会の開催>

地域の多世代交流の場として、みんなが気軽に集まれるこども無料のボードゲーム会です。

 

<高校生ロボット世界大会FRC出場への支援>

学生が主体的に活動しているロボット作成コミュニティーSakuraTempesta
のロボットコンテスト出場の際に資金調達や広報等の支援を行いました。